KOERU 勤怠管理

勤怠管理でこんなお悩み解決します!

  • タイムカードの集計時間を減らしたい!
  • ICカードだと高価だし紛失も心配
  • 毎月全員分のタイムカードを作るのが大変
  • 代理打刻を無くしたい

なぜ、静脈認証で勤怠管理を行うのか?

  • 静脈認証とは手のひらや指先の静脈パターンを用いた生体認証の一種で、指紋認証よりも認証精度が高い方式です。

    静脈認証のメリット

    • 静脈は体調や皮膚の状態年数による変化がほとんどない
    • 正確な本人特定本人特定エラーは僅か0.01%以下
    • タイムカードやICカードの準備も不要で経費節減
    • 手を機械にかざすだけなので操作が簡単
    • 体内にある静脈は偽造が困難

静脈認証勤怠システムのおすすめポイント!

  • シンプルで使いやすい『静脈認証勤怠管理』は、どんな業種でも、どんな勤務体系でも、簡単に導入可能です!

必要な機能をオプションで追加!使いやすく無駄のない勤怠管理

シンプルな基本勤怠システムにお客様の要望に合わせたオプションを追加することで実用的なシステムが完成します。

有給管理

2019年度から開始の有給取得義務化にも対応した有給管理オプションです。

弁当注文

毎日打刻時に弁当の有無を本人が選択。発注と集金の両方を自動集計します。

時間給対応

パートやバイトなどの時間給で働く従業員にも対応できます。

特別休暇

出勤にも欠勤にもカウントされない慶弔休暇等の集計ができます。

皆勤通知

1ヶ月皆勤の場合に通知の出るオプションです。

給与システム

当社の給与システムを新規で導入することも可能です。

など・・・。  追加オプションは続々登場予定です。

毎月の勤怠管理関係の業務が不要に!
コストや工数を削減します!

最初に社員情報と静脈パターンを登録すれば、
それ以降は毎月の準備や残業時間の計算が不要です。

読取機械に手をかざすだけ!
カンタン正確打刻

手をかざすだけで打刻が行えます。
静脈認証により本人を間違いなく特定します。

どこにいても打刻できる!
複数拠点にも対応

社員データや静脈パターンなどの勤怠データは
クラウド上で管理しているので、どの拠点からでも打刻できます。

離れていても出退勤状況が
一目でわかる!

打刻データはほぼリアルタイムにサーバへ送られるので、
別拠点の出退勤状況も簡単に確認できます。

  • 多種多様な勤務形態にも複雑な勤務形態にも対応可能

    勤務形態や休日の設定は複数パターンを登録できます。
    (※オプション対応となる場合があります)

  • 給与システムともCSVファイルで楽々連携!

    勤怠状況はすでにお使いの給与システムの読込形式に合わせたCSVファイルを簡単に作成することができます。

  • 他にも業務に役立つ機能が充実した
    「MES統合型ERPシステム~KOERU~」に拡張可能!

    静脈認証勤怠システムは「MES統合型ERPシステム~KOERU~」のオプション機能として
    KOERUの給与システムや会計システムとの連動が可能です。
    (※オプション)

勤怠管理 機能一覧

  • 出勤状態現在の出勤状態を表示
  • 月次一覧社員の月次勤怠を表示
  • 社員管理社員の勤怠関連情報を管理
  • 勤務形態管理始業時間、終業時間、休憩等の勤務形態を管理
  • 拠点設定拠点を設定
  • 休日カレンダー休日カレンダーを管理

導入事例

「手のひら静脈認証勤怠管理」は、業種を問わずたくさんの企業様にご利用いただいております。

事例 No.1
導入先 S社(豊川市)
業種/部署 金属加工業
従業員数 120名(パート含)
導入の背景

状況
本社工場を初め各工場・関連工場など5拠点の勤怠管理及び給与データの管理を、本社総務課にて一括で実施している。
従来のタイムカードを手作業で集計・修正チェックしてエクセルに入力CSV出力、社会保険労務士にデータを渡し、管理委託している。
管理工数として、総務課2名で約5日間の時間を要している。
上記の工数を減らしたい。
従業員100名の昼食弁当の注文・発注業務を、各職場まで出向き確認して業者へ発注している。
毎日2時間かかり、発注漏れや集金業務などにも時間がとられている。
上記の時間をなくしたい。
導入目的 1 勤怠管理工数の削減
2 弁当発注業務の廃止
3 残業管理の充実
4 タイムカードの保管廃止
5 その日の勤怠状況の見える化
6 有給取得状況の管理
システム概要

導入ポイント
ネクロス「静脈認証勤怠管理システム」では、従業員が出退勤時に静脈センサーに手をかざすだけで自動的に勤怠管理が行われ、管理部門の入力、集計作業が必要なくなります。
クラウド型WEBシステムの為、情報がリアルタイムに反映されます。
情報がリアルタイムで反映される為、残業管理や出勤状況へのアクションを素早く行うことが可能となってきます。
初期導入費用も安く、月額2万円で尚且つIT補助金のITツールに認定されている為、1年間の掛る費用の半額が補助金で支給されます。
導入効果 勤怠管理の入力業務がまったくなくなり、問題がないかのチェックを1週間に1度行うだけで良く、その分の時間を他業務にあてられるようになった。
弁当集計・発注業務が上がってきたデータを業者に送るだけで良くなり、毎日の朝の貴重な時間がとられることがなくなった。
日々の管理が容易にできるようになり、全体の残業時間の削減につながった。
食堂に大型モニターを設置し、各部署の出勤状況の一覧が表示されるようになり、シフト作成や応援体制に役だっている。
事例 No.2
導入先 I社(安城市)
業種/部署 試作品製造業
従業員数 80名(パート含)
導入の背景

状況
本社工場及び遠隔の工場・管理部署などの勤怠管理及び給与データの管理を、本社総務課にて一括で実施している。
従来のタイムカードを手作業で集計・修正チェックしてエクセルに入力CSV出力して社会保険労務士にデータを渡し、管理委託している。
管理工数として、総務課1名で約7日間の時間を要している。
上記の工数を減らしたい。
遠隔工場の勤怠管理ができてなく、残業時間も多い。
社会保険労務士との摺り合わせ、問題個所の打ち合わせなどに時間が掛かる。
特殊な勤務シフトがあり、それを管理するのが大変。
導入目的 1 勤怠管理工数の削減
2 弁当発注業務の廃止
3 残業時間の削減
4 社会労務士がリアルタイムに情報を確認ができ、共有化可能
5 特殊業務時間の管理
6 有給取得状況の管理
システム概要

導入ポイント
ネクロス「静脈認証勤怠管理システム」では、従業員が出退勤時に静脈センサーに手をかざすだけで自動的に勤怠管理が行われ、管理部門の入力、集計作業が必要なくなります。
クラウド型WEBシステムの為、情報がリアルタイムに反映されます。
情報がリアルタイムで反映される為、残業管理や出勤状況へのアクションを素早く行うことが可能となってきます。
初期導入費用も安く、月額2万円で尚且つIT補助金のITツールに認定されている為、1年間の掛る費用の半額が補助金で支給されます。
導入効果 勤怠管理の入力業務がまったくなくなり、問題がないかのチェックを2日に1度行うだけで良く、その分の時間を他業務にあてられるようになった。
社会労務士にも権限を与え、全社の勤務状況をシステムを使いリアルタイムに把握できるようにすることにより、打ち合わせ等の時間がなくなった。
日々の管理が容易にできるようになり、全体の残業時間の削減につながった。
特殊な勤務形態の管理を可能にし、顧客独自の手当の項目を追加することにより、別での集計・管理をする必要がなくなった。
事例 No.3
導入先 G社(蒲郡市)
業種/部署 宿泊施設業
従業員数 100名(パート含)
導入の背景

状況
サービス業の為部署ごとに勤務時間や労働条件がことなり正社員と契約社員.パートタイマーが混在している。
従来のタイムカードを手作業で集計、修正チェックして給与ソフトに管理部で手入力している。
管理工数として管理部1名で約10日間の時間を要している。
上記の工数を減らしたい。
早出,残業など管理部で管理できてなく、遅刻等についても多くみられる。
有給休暇についても4月から始まる国の施策に対応してシステム上で管理していきたい。
IT補助金を利用し導入費用を抑えたい。
導入目的 1 勤怠管理工数の削減
2 勤務状況(シフト)の把握、適正化
3 残業、遅刻管理の充実
4 タイムカードの保管廃止
5 給与ソフトへの入力削減
6 有給取得状況の管理
システム概要

導入ポイント
ネクロス「静脈認証勤怠管理システム」では従業員が出退勤時に静脈センサーに手をかざすだけで自動的に勤怠管理が行われ、管理部門の入力、集計作業が必要なくなります。
クラウド型WEBシステムの為、情報がリアルタイムに反映されます。
情報がリアルタイムで反映される為、残業管理や出勤状況へのアクションを素早く行うことが可能となってきます。
初期導入費用も安く、月額2万円で尚且つIT補助金のITツールに認定されている為、1年間の掛る費用の半額が補助金で支給されます。
導入効果 勤怠管理の入力業務がまったくなくなり、問題がないかのチェックを1週間に1度行うだけで良く、その分の時間を他業務にあてられるようになった。
給与ソフトへの入力業務時間が削減された。
残業時間や遅刻回数が減り、業務効率も上がった。
繁忙期や閑散期の勤怠データを収集して翌年以降の勤務管理に応用することが可能になった。
国の基準に適合した有給休暇の管理ができるようになった。

初期導入費と月額費用

(価格はすべて税別表示です。お支払いには別途消費税が必要です。)

※商品のデザイン・レイアウト、仕様、価格は予告なく変更する場合がございますので予めご了承ください。



手のひら静脈認証勤怠管理システム 導入プラン

スタンダード
プラン
A
プラン
B
プラン
C
プラン
初期導入費 ハードウェア購入費(※1) ハードウェア購入費(※1) ハードウェア購入費(※1) ハードウェア購入費(※1)
\90,000. \90,000. \90,000. \90,000.
導入サポート費(※2) 導入サポート費(※2) 導入サポート費(※2) 導入サポート費(※2)
\1,000,000. \1,000,000. \1,000,000. \1,000,000.
月額費用 勤怠システム利用料 勤怠システム利用料 勤怠システム利用料 勤怠システム利用料
\20,000. \20,000. \20,000. \20,000.
残業管理 残業管理
有給管理
残業管理
有給管理
弁当発注
\10,000. \20,000. \30,000.
  • ※1 : 拠点数により必要数が変わる為、金額が変動する場合がございます。
  • ※2 : 導入サポートには、導入コンサルティング、導入設定・マニュアル制作・導入研修、導入保守サポート等が含まれます。
  • ※ 商品のデザイン・レイアウト、仕様、価格は予告なく変更する場合がございますので予めご了承ください。
  • ※ 価格はすべて税別表示です。お支払いには別途消費税が必要です。

お問い合わせ

商品に関するご相談や資料請求・お見積など、お気軽にお問い合わせください。

株式会社ネクロス Bcen事業部

〒440-0888 愛知県豊橋市駅前大通2-65

Tel.0532-56-2066